自力で融資に挑戦してきた話。

こんにちは、齊藤和也です。

結論から言いますと、

無事開業資金を融資受ける事が出来ました。

11月より新しいお店をスタートしますからね。

さて、

言うのは簡単ですが道のりはかなりハードでした。

開業願望があるけど、何をどうしていいかわからない。

という方も多いと思います。

なんとなくイメージがつく様にメモしておきます。

今回の開業資金はいくら?

妥協なきクオリティの美容室は大きさにもよりますがトータルで1500万以上はかかる。

もちろんめちゃくちゃ調べたり、
相談したりで、1000万以内に収める方法も沢山存在しましたが、個人的なコダワリで前者に挑戦する事にした。

もはや投資です。

シャンプー台も1番高いと1台80万、

椅子は1台で10万もする。

ここもハンパじゃない。

ちなみにテナント物件は保証金といって、

敷金が6〜10カ月

プラス礼金に仲介手数料に保証会社に前家賃にetc

色々ぶっ飛ぶ事になる。

基本的に開業資金を自己資金で払う人は、
殆どいなく融資を受ける事が多い様だ。

自己資金があったとしても、もしもの時にお金がなければゲームオーバー。

だから自己資金はとっておくのが正解だ。

それに、もしもの時になんて、
当然銀行もお金を貸してくれない。

返してくれる見込みがない人に貸すはずがない。

開業の時期というのは僕みたいな庶民は融資を受ける、一世一代の大チャンス。

借りれるだけ借りて長く返す!という方法が正解です。

税理士さんや、会計士さんの協力があればスムーズに大きい金額を融資受けれる様ですが、年間顧問契約という形のお礼をする事が一般的になる。

ただ僕は勉強と経験の為にも、
自力で融資を受けるとる決めていた。

ではどこがハードルが借りやすいのか?

日本政策金融公庫

開業の資金調達といえばこちらです。

入金も早く、ハードルも優しい。

銀行はなかなか貸してくれないみたい。

金利も2%位。(住宅ローンがいかに優しいか分かります)

横浜はまず、県の推薦状を貰ってからスタートなので少し大変だがこれも勉強だと思いやりきった。

区役所に何回も足を運び、必要書類を集め。

複雑で何書いていいかわからない、事業計画書や団信の書類等々を提出し、

1時間以上にも渡る面談、審査を重ねに重ね融資に成功した。

簡単に言うと、

本気で開業する気があれば、みんな資金は借りれるという事がわかった。

やるか、やらないかというだけか。

僕はもう、先に契約しているから戻れないだけ。

逃げ道塞げば、前に進むしかなくなる。

iPhone11分割で買うとき、
借りてるお金とかありますか?

と聞かれて、正直に金額言ったら店員さんは停止してた。

が、結果買えた。

iPhoneの審査は優しい様だ。

次はこの資金を元手に、内装業者選びを始めた。

続く。

近々のご案内可能時間

リアルタイムの予約状況表

PROFILE

32歳で独立

現在はホットペッパー等のクーポンサイト非掲載

カット技術とwebを駆使した前例の少ない

新しい働き方を経験し開拓しています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

横浜 大倉山駅にあるレナータで美容師をしております。 美容師歴は12年。 初めてのお客様も大歓迎です! Facebook、instagram、twitterもフォローして頂けたら嬉しいです(^^)